低身長女の取扱い説明書

(元「140cmガールの愚痴」)150cm以下、145cm以下の女性は人一倍苦労してることを訴えたくて作りました。虫も殺さないくらい純粋に見えて中身は誰よりもドロドロしてて、理解されたいと思ってるのが小さい女の子です。チビは自分の身長好きな子は一人もいません。

140cm前半の「女性」扱いされる時期について

性格が良くて可愛くても「少女・妹」としての扱いになり、同世代には全くモテない。かといって年下からも「年上なのに威厳ない、大人っぽさがない」となり、

そのため恋愛の相手が必然と年上になる。

 

また25歳を超えると少女としても見られなくなるため、一気に「おばさん」良くて「お母さん」になる。「お姉さん」の時期がないのだ。

平均体型より小柄だと一気に「おばあちゃん」になる。

いやむしろ「おばさん」「おばあちゃん」になるならマシで大半は「大人でも子どもでもない妖怪」になる。これが低身長の一番つらいところだ。

 

普通だと訪れる「お姉さん」の時期がないため綺麗目のオフィスカジュアルや年齢相応のシンプルな服が全く似合わない。

せいぜい森ガール風の全部淡色のガーリー全開の服のみだ。もしくはアジアン系などの民族衣装系。特殊な衣装しか似合わない

(黒は低身長には似合う人は少ない。

体型の粗が目立つ。似合うなら黒髪ロングが似合うくらい小顔で顔が可愛い人だけだと思う)

 

そのため婚活を考えている低身長の方がこれを読んでいたら25歳までに相手は確保した方がいいと伝える。

低身長ほど愛嬌の裏にしたたかさがないと本当に困る。