低身長女の取扱い説明書

(元「140cmガールの愚痴」)150cm以下、145cm以下の女性は人一倍苦労してることを訴えたくて作りました。当事者の目線から見たチビのつらさを語ります。虫も殺さないくらい純粋に見えて中身は誰よりもドロドロしてて、理解されたいと思ってるのが小さい女の子です。チビは自分の身長好きな子は一人もいません。

チビが結婚適齢期になっても独身を貫いてモテや自己実現にこだわる理由

それだけ満たされないことが多すぎるから。

またそれだけ他人と向き合う・他人に何かを尽くすことより、

自分がちやほやされる・権力を得ることの方が重要だと考えているため。

女にも男にも全方向に勝ちたがっていい歳して独身の人は多い(老化が早いから逆に10代の早婚も多いが)

子供が嫌いで子持ちを所帯じみてるwと馬鹿にして笑うようなタイプ

 

チビは以前にも挙げたデメリットが多くコスパが悪い人生のため

承認欲求が強い。

人から認められることを強く希望している。

 

これが普通の家庭の人だと結婚出産で満たせるため早婚を考え、出産願望もあるが

こじれた人や家庭環境が悪い(と思い込んでる人も含む)と結婚はともかく出産願望がなくなる

こうなると結婚にそこまで興味がないので社会で自己実現やモテに走る

 

ある程度ちやほやされるタイプのチビは巷で言われる勘違いブスになり、ますます多数からちやほやされることに躍起になり、結婚・出産がさらにバカらしくなるが、

これが通用するのも可愛い系統でも25歳までなので後はかなり苦しくなる

しかもチビの時点で寄ってくる男が低ランクや浮気男やヒモ確定なので努力と釣り合わない。

努力に見合ったイケメンをゲットしようと躍起になるも無理で、若い頃よりかなり少なくなった雑魚モテ確保に必死な痛い独身になるのである。

 

以下コピペ

 

実際根本はモテない女なんだけど 
その中でも親に甘やかされてたりして自己評価が高く小学校中学校辺りで陰キャながらも陽キャや美人さんに対して「なんであんな女が、私の方が・・」腹黒く考えてた手のモテない女が 
高校~大学辺りで男遊び(大概ネット絡みかヤリ目ナンパ、オヤジ相手、オタサーの姫辺り)を知ったつもりになり 
「それ見たことか!今までは周囲の見る目がなかった」と勘違いしてしまうのが始まり 

その辺りになるともはやプライドは青天井な上、自分がチヤホヤされない=そいつら異常者って考えになってしまっているので、一般的な価値観や考え方から遠ざかっていく一方 

それでも若い時期は行くとこ行けば物好きもいるから変な需要はあるけど精々25歳が限界 
残ったのは自分磨きなされてない容姿とモテない女当初から進歩のない精神なんだけど「モテた実績」はあるので今更謙虚にすらなれず、また自分がどれだけおかしな考えの人間かすら気づいてない 

これが勘違いブス

 

そもそも落とし所が冷静に見極められる性格なら勘違いブスにはならないと思う 
思春期辺りのリベンジを大学とかでしようとするから男女関係の感性が周回遅れで結婚なんて考える以前にチヤホヤが大事に思える精神になるんでしょ

んで

 

またチビは変質者に狙われたり、やり捨て目当ての男ばかり近づいてきてまともな男が近づいてこないことが多いので男にトラウマを持ってしまい結婚願望自体なくなる人もいる。

この場合も仕事や趣味に没頭するようになるが、仕事や趣味で大成出来る人はかなり少ない(女、しかもチビだと特に)のでやはり難しい。

 

渇望している承認欲求分、満足できないのがチビなのだ。

 

その場合はあきらめて現実を受け入れて身の丈に応じて適度に生きるか、

自分に都合の良い幻想を見るようになる

自称モテる、自称ロリ、自称人気者など。

 

 ここでDJあおいの言葉を引用します

自分が何者であるかは他人が勝手に決めること
自分の印象は目の前にいる人に託すのがコミュニケーションであり
それを託せるのが信頼というもの
何らかのぶりっ子で印象操作をすることは目の前の人を信頼していないことになり
それが残念でもありイラっとするところにもなるんです

そもそもぶりっ子各種の人は見られたいだけで相手のことなんて見ちゃいないんですよ
自意識過剰で自分のことしか見ていないので
話をしていても無理やり自分の話に持っていったり、聞いてもいない自分語りが激しかったりするんですよ
どんなときでもどんな話題でも自分が主役になろうとするその厚かましさが腹立たしいポイント
コミュニケーションは主役の譲り合いが基本でして
お互いが目の前の人を主役として、お互いが目の前の人を立てる脇役になるのがコミュニケーションなんですね
その暗黙のルールを破って自ら主役に踊り出そうとするから反発心が生じて反感を買うわけです

承認欲求の病気みたいなものですね
優しく労わるように『お大事に』って言ってやってください